takashisatoのここだけの話

仕事のことをたまに、普段考えるいろいろなこととか、近所の勝どきとか豊洲の話も

近況の話とdappsまわりの話

ブロックチェーン周りの話を忘却録としてまとめてから半年以上が過ぎました。にしても早いですね!

この半年かなりいろいろなことがあったのですが、スマートアプリとしては、3月ぐらいからdappsまわり、中でもブロックチェーンゲーム関連部分に集中して活動しています。ブロックチェーンゲームをつくるというよりは全世界でdappsアプリやっている人が1日数千人以下でマーケットが全くない状態なので、周辺領域の掘り起こしとニーズ喚起がテーマとなっています。

shimaumablog.com

昨年チャットアプリを作っていたときに活躍していた学生の開発者を呼び戻したり、新たに学生の採用も行い、スマートアプリ起業時代に一緒にやっていた仲間を呼び戻したりしながら、六本木のEVのオフィスで活動しています。おかげさまで何社かコンサル案件も担当させてもらってます。(勉強にもなるので大歓迎)

にしても、ブロックチェーンというと学生は興味を持ってきくれる人がとても多く(東大生もマイナビとかに募集出すとなんとバイト応募してきます)、まわりのブロックチェーン系スタートアップも学生ばかり。世代の差を感じます。とはいえ若い学生チームだりだけと、企画構想だけで解散してしまうチームも多いとかで大変な分野ですがまあなんとかやっていければと思っています。

しかしこのDapps分野はかなり面白い領域です。どういう部分が面白いのかというと

  1. 関わっている人が例外なくとんがった怪しさでエリートがほぼいない
  2. 情報がまったくないなかで試行錯誤(ネット上の開発情報で開発物や仕組みは動かない)
  3. とんがったハッカーがコミュニティの中核にいて、どんどん領域が進化するけど参入者はまだ多くない

などなど。いくつか過去のネット業界でのイノベーションと共通するシグナルをビンビンと感じます。儲かりそうなタイミンクでその領域に肌感覚がないと基本すでに時遅し、ベンチャーなんてそんなものですよね。(なぜこの分野に的を絞ったかはそのうちお話します)

この分野においてはまずはイーサリアムということでweb3.jsが中核なのですが、これについて正しく理解できている非エンジニアの人たち、プロデューサーの人ってどれぐらいいるのですかね。ブロックチェーン自体の理解もさることながら正直こっちのほうが多分重要です。dappsがブラウザーゲームブラウザーアプリケーションの復権の中核的存在、というか新たなキラー要素になってきている文脈も見逃せない部分です。

github.com

 とはいえイーサリアムの機能不全に対してアプリケーション側も依存してばかりもいられないということで出できた動きが昨今だとdapps領域のためのサイドチェーン。この分野で最も活発に動いているのではと思うのが、例えばLoom Network社などのの話です。サイドチェーン自体は少し前からある動きです。

しかしながらサイドチェーンがdaapsアプリの中心となっていくともはや提供されるアプリケーションがブロックチェーンベースのものなのかということを意識する時代は終わるのかもしれません。

crypto-times.jp

サイドチェーン、オフチェーン、オンチェーン、正しく使い分けられる人はまだまだ多くないですかね。。。。カタカナ言葉が多すぎます!

 

 

 まあ、43歳にもなりましたし、あまりかたひじはらずに前に進んでいきたいと思っています。ブロックチェーンまわりで興味ある人は是非ご連絡ください。お仕事でも、人材の件でも。