読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

takashisatoのここだけの話

仕事のことをたまに、普段考えるいろいろなこととか、近所の勝どきとか豊洲の話も

シリアルアントレプレナーをサポートするプロフェッショナルマネージャーとは?

仕事のこと 起業日記 気づき・よもやま話

なかなか面白い記事がアップされていたので紹介したいと思います。

hiptokyo.jp

このパネルディスカッションを読んでいくと、いくつも重要な話が出てきますが、自分がおっと思ったのは、下記のような記載でした。

松山氏「20年くらい前と比較して起業家の数は増えていますか?」
仮屋薗氏「数は増えていて、質も高まっていると思います。複数回起業するシリアルアントレプレナーも増えていて、そのサポートにプロフェッショナルマネージャーがついている。国内については一定のレベルを越えたかなと感じているので、これからやらなくてはいけないのは、海外に挑戦して得た経験やナレッジを業界全体に浸透させること。業界全体でラーニングを早めていかないと世界のスピード感に負けてしまう」

 シリアルアントレプレナーをサポートするプロフェッショナルマネージャーというのが面白いです。自分も前職のモブキャストではそのようなポジションにいたのかなと思うんですけど、結局事業や会社を大きくするとき(いわゆる事業の方向性が確定し事業の拡大再生産を一気に進めるフェーズ)では、そのような人をどう巻き込めるかの採用力がとにかく重要です。

そのときのために、わざわざ遠回りであっても採用は数年かけてじっくりやるとか、最近いろいろなところで出てきますけど、ホントそうだなあと思います。

ただここでいう、プロフェッショナルマネージャーって、どんな人かというのは、起業家や会社のフェーズによってもだいぶ違いますかね。なにをもってプロフエッショナルとするかですかね。自分の感覚では灯台下暗しというかすごく近くにいるすごく重要な人以外はあまりはまらないなあとか思います。

忘却録として、facebookで「いいね」だけすると忘れてしまいそうなので記事にしてみました。

 

広告を非表示にする