読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

takashisatoのここだけの話

仕事のことをたまに、普段考えるいろいろなこととか、近所の勝どきとか豊洲の話も

カーナビの地図更新

商品やサービスのこと

先日カーナビの地図更新をしました。しかしその地図更新の仕方がすごくややこしく、mac使いの私にはそもそも更新ソフトが使えないというよくわからない状況でした。

いまどきwifiで接続できるようになっていて、ケータイのLTE経由でネットから更新とかできない業界になっているから、googleとかにつけいれられるのだろうなと思いました。いろいろな意味でカーナビとかの車の中のシステムはレガシーすぎです。

例えばほかにも、音楽CDは再生したタイミングで自動的にSDカードなり、ハードディスクなりに保存していくので、次回からはわざわざディスクが必要ないのですが、動画にはそのような保存機能がない。

ほかにも、インフロントディスプレイが搭載されたカーナビはごく一部しかなかったり(しかしわが家の車は速度計と前方車との車間距離をガラス越しに表示する機能があり、これがとても便利だなと思うのですが)この分野は、イノベーションの分野がたくさんあるような気がします。

軽く考えだけでも、

・社内の温度やエアコンの設定方法を機械学習してエアコンを自動化し居心地をよくする
・前方カメラなどと組み合わせて、信号の光り方とか、一緒に走っている車のリアルタイム情報をベースに、精度を高める(あと何秒ぐらいで赤になりそうなのでルートを変えるとかアドバイスをする)
・車の現在の所在地をスマートフォンアプリからネット越しにわかるようにする

いろいろありそうです。多分メーカーはこういうスマートなネット機能を搭載してお金を取るモデルを考えそうですけど、それは多分ダメです。(少し前のpanasonicが白物家電にネット接続機能をつけて高く売りつけようとしていたのとかぶって見えます。)

すでに車は十分に高い買い物なので、こういうものは極力無料で提供して、プラットフォームっぽくして、スイッチングコストを高める努力をするか(買い替える時に同じメーカーの車を買ってもらえるようにする)それぐらいにしていかないとなかなか普及しないでしょう。

しかし普及させてしまえば、すごいデータベースというか、社会的に価値が高そうなサービスがその上にいろいろと生まれるような気がします。googleはその辺を狙っているんでしょう。

10年以上前に、携帯通信キャリアにとって、音声通話のおまけであったネット接続が始まる前夜の時のようにしか見えませんけど。

一方で渋滞をさけるというニーズのための機器をみんながかしこくすると結局、かしこい選択がボトルネックになる(結局そっちが混雑する)とかの繰り返しになるでしょうけどね。まあ株式とかFXのアルゴリズム売買みたいなもので、案外みんながみんな使わないし、アルゴリズムに対抗するアルゴリズムとかが出てくるだけなので、進化の方向性は間違ってないのかもしれませんけど。

広告を非表示にする