読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

takashisatoのここだけの話

仕事のことをたまに、普段考えるいろいろなこととか、近所の勝どきとか豊洲の話も

今さら「不格好経営」を読む

これからは、読んだ本で印象的だったものも積極的にここに書いていこうと思います。

今回は南場さんが書かれた不格好経営という本。かなり前に読んだ本でしたが。。。。

・南場さんが36歳で起業するタイミングで、これまでのコンサルティングファームで得たロジカルシンキングとしての豊富な経験とビジネスツールを使いつくし、初期の事業計画を詰めていくシーンが印象的。
・結局は魂、と考え、ロジックと女性的な感覚と、魂を使い分ける、頭がいいとはこういうセンスを伴ったことを言うのだと感じた。
・「成功のモデルは壊される前に壊さなければならない」という言葉がスゴい。自分の都合で壊さないと結局他人の都合で先に破壊される。しかし自分から壊すことは、勝ちにこだわりすぎる人やサラリーマン経験が長い人ほどできないもの。
・1/3という正月ど真ん中のタイミングに守安さんが鉄火場のサンフランシスコに乗り込んで、国際電話で南場さんと会話するシーンがあるが、プロだなあと思った。
・随所に登場するクライシスマネジメントの進め方こそがDeNAっぽい。
ベンチャーは、大企業になっていく中での揺り戻しが案外面白い、という記述が面白い。

広告を非表示にする