読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

takashisatoのここだけの話

仕事のことをたまに、普段考えるいろいろなこととか、近所の勝どきとか豊洲の話も

今となればよい思い出

先日昔エフルートという会社をやっていてたとき一緒に働いていた貝谷さんが(最後はCOOにまでなられました)、gumiを退職され新たにとあるスタートアップに転職されたことを祝う飲み会が渋谷方面であるという話を偶然にも聞きつけ、内緒で途中から参加しに行ってきました。

それにしても時間が立ち、社長の尾下さんや彼とかと普通に飲みに行けるようななったのは不思議な感じがします。昔のVCでお世話になった方も数名交えてだったので、なんというかある意味俯瞰的に、昔のことを笑いながら話せたのかなと思いました。

私が社長とか会長をやっていたときに、私にあえて知らされていなかったこととか、彼らが私に知らないふりをしていたりしたことがあったことなども聞きました。

しかし思えば、20代後半~30代前半にかけて、いろいろやったことを振り返るのは、年を取ると「あのころと比べて今は」など、案外そういう話になりノスタルジックになりがちで、少し嫌なところもありますが、たまには悪くないなと思いました。

さてさて、今自分が生きている30代後半~40代前半にかけての人生というのは、いつぐらいにまともに振り返れるものなのでしょうか。そのときに、今の自分はどう見えるのだろうと、ふといろいろ考えこんでいましました。

今年はこのように、今までときは違う人とコミュニケーションの仕方を進め、今の自分を見つめなおして、これまでの9年間とこれからの9年間を考えることをあえて目標としています。当面これからも続けていこうかなと思います。

追伸

しかし飲みすぎて、また眼鏡のレンズを割ってしまいました、、、、。自分は飲み過ぎると自分のものを壊してしまう酒癖があるみたいです。

広告を非表示にする