読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

takashisatoのここだけの話

仕事のことをたまに、普段考えるいろいろなこととか、近所の勝どきとか豊洲の話も

クレジットカードのポイントの話

私はクレジットカードのポイントについていろいろと気にするようにしているため、ほとんどの決済をクレジットカード会社経由の決済にしています。

もちろん、セブンイレブンなどのコンビニ決済もすべてiDやnanacoで決済しているため、会社の昼食時や社内の自販機でジュースを購入するとき以外は全くお金を使いません。(しかも最近会社の自販機がsuica対応になってしまった)タクシーで移動するときも、iDなどが使えないときは、特に急いでいない限り極力カードで決済するようにしています。最近はあまり嫌な顔をされなくなりました。病院でも使える場所がすごく増えました。出産費用ももちろんカード払いです。

そうすると、細かいお金をほとんど使わなくなり、財布が軽くなるという利点が生まれましたが、何よりクレジットカード経由にすることですべての決済をガラス張りに近い状態にすることが出来るようになりました。

無駄遣いしないというよりは、ライフログの一環で決済のログをとっている状態に近いと思います。私はむしろ無駄使いしないようにと心がけるぐらいなら無駄遣いできるぐらい神経を仕事に集中しようと思うタイプです。

一方でカード決済に依存すると、銀行口座以外にもすべての決済行動を税務署などの国家権力に抜かれるようになり、本当はすごく嫌なのですが、、、。

ポイントにこだわる理由は、ポイントはなんというか銀行の利息みたいなもの、と考えるようになったからです。今時1%の年利の金融商品はかなりのリスクを追わなければなりませんが、クレジットカード経由の決済にルートを変更するだけで、なんのリスクもなく利息1〜2%の金融商品を得たようなものになるから、というのが私がポイントを気にするようになった理由です。しかし消費する度にポイントのことを考えるのは結局高コストなので、カードでただ決済すればいいとだけ考えるようにしています。

生命保険もクレジットカードで決済できる時代なので、私の場合貯蓄性のある保険だったりすると、用は1〜2%offで積み立て貯金をしているようなものなので、そういう意味では年利などに置き換えると実は結構大きいのではないかと思っています。

最後の砦である家賃をクレジットカードで決済できるようになれば最強なのですが、、、。高級レジデンスなどでは一部カード決済が出来るようですが、、、、、。

ただ、私がメインに使用し最もポイント還元率が高いダイナーズカードは、使えない場所も多いので、、、、、なかなか大変です。

広告を非表示にする