読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

takashisatoのここだけの話

仕事のことをたまに、普段考えるいろいろなこととか、近所の勝どきとか豊洲の話も

今年の目標とか

新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
昨年は正直いろいろありすぎて、しかも進行期なことも多いためふりかえるのはなかなか難しいけれど、何より結婚式をして、子どもが出来て(生まれるのは今年だけれど)、仕事の成果が見直されるようになった、ということにつきる。

プライベートなこととしては、ちゃんと結婚式をして、嫁が専業主婦になって子どもが出来て、家族と向き合う時間が増えた、ということで感じるストレスも多かったけれど、いろいろと気づきも多かった。仕事の話は、結局は自分の判断はあまり間違った方向に進んでいないのでそうかもしれないけれど(とにかく去年はキラーゲームをただひたすら伸ばすのが事業を飛躍させる最短距離だと確信していたのでそれ以外のことは二の次にしてきた)、自分自身がスゴく成果を出したというよりは、会社自体が確立変動状態に突入して、自分は裏方に回った感じで、みんなが活躍した形となったので、自分が飛躍したという言い方は正しくないだろう。

このように、モブキャストにやってきて、1年以上たつが、公私共に私が学んだのは大きく3つのことがある。一つは自分の宿命を意識しながら(人生を楽しみながら)仕事などに取り組むこと、運命を切り開いていくような生き方が出来るようになりつつあるという点である。もう一つはこれまで濃く限られた人間関係の中で培ってきた自分の視点が、結婚やビジネスパートナーなどの環境が変わったことなど様々な形でほぐされいろいろな視点を勉強することが出来るようになったという点である。もう一つは会社が変わってまた事業を立ち上げることになったものが、一つの成果として認められるようになってきた、ということで、自分自身に対する自信である。

今年は、そうしたことの成果をきちんと形として様々な角度から「自分なり」の積み上げたものとして残す、そこから先の新しい人生の種にする果実をちゃんと収穫する、ということを目標にしたいと思う。

具体的に2011年を振返ると、自分の立場からすれば、1.年初にプラットフォームの統合を実施したこと(サッカーと野球)、2.春先にプロモーションの効果測定システムを設計したこと、3.これを前提にネットプロモーションを徹底的に推進できたこと、4.春先にプラットフォームを無事スマートフォン向けに対応できたこと、5.これを前提にTVCMを展開できたこと、6.これを前提にスポーツSNSとして良質なユーザーが蓄積し秋先からのスポーツタイアップ展開が加速したこと、7.秋先にかけて決済手段を大きく拡充できたこと(たぶん業界最大の多様性があると思う)、8.それを前提に年末に先行していたゲーム決済システムとポータルの決済システムを統合できたこと、あたりに転機があったのかなと思う。今年はどんな展開になるのかな。

広告を非表示にする