takashisatoのここだけの話

仕事のことをたまに、普段考えるいろいろなこととか、近所の勝どきとか豊洲の話も

ゲムッパ第二章 スポーツエンターテイメントという名の新大陸に上陸

モブキャストにやってきて一年ぐらい経つ。手前味噌になるけれど、そのときと比べてだいぶプレゼンスが出てきた。

新生ゲムッパができて、モバプロが立ち上がって、オフィスが移転して、人が増えて、テレビCMをやって、海外に出張したりすることが出てきてと、この一年間でめまぐるしく仕事の範囲や目標とする将来像が変わって、なかなかやりがいはあったのかなと思う。

今回、増資したことをわざわざ対外的に公開するのは、モブキャストではかなり久しぶりのことらしく、今以上に気を引き締めていきたい。

来月からは、福岡などでさらにGRPを一気に引き上げてCMを展開するようで、はてまた楽しみである。当社含めて、日本中でモバイルソーシャルの野球ゲームが利用者の間で人気になるほど、ゲムッパにもたくさんの人が訪れる構造ができつつあるので、競合ゲームともさらに切磋琢磨して市場を盛り上げていきたい。

そしてこの秋は、新しい仕込みがいくつかスタートする。

最後に、昨日のモバプロパーティで、来賓としてお越しいただいたスパイアの早川社長の挨拶がとても印象的だったのでここで簡単に紹介したい。

「モブキャストは、ゲーム会社であるけれど、今モブキャストが顧客としているのはゲームユーザーではない。スポーツユーザーがゲームというカジュアルな裾野を通じてゲムッパのプラットフォームに参加してきており、全く違う新しい市場を開拓しているように感じる。」

先日取材しに来社されたとある記者の方にも「ゲームをDSよりもさらに踏み込んでカジュアルにしたのはグリーであり、モバゲーであるが、スポーツエンターテイメントをソーシャルゲームを中心にカジュアルにしていくのが今のゲムッパの最大のミッションになっている」とお話したけれど、そういう時代を実現できるように頑張りたい。

モブキャストでは、ここから先スポーツエンターテイメントをゲームを中核としつつ多角的に展開していく上で、ゲーム以外にも幅広く人材を探している。興味がある方は是非コーポーレートサイトから直接問い合わせしてほしい。このブログを読んだ、と書けば少なくとも担当者は注目してくれると思う。

広告を非表示にする