読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

takashisatoのここだけの話

仕事のことをたまに、普段考えるいろいろなこととか、近所の勝どきとか豊洲の話も

TVも有料放送が本格化し、例外なきフリーミアム経済圏へ

商品やサービスのこと

今年の10月に、wowowがハイビジョン3チャンネル化し、スカパーが人気チャンネルを中心に本格的にCSからBSに上陸します。

すでに地上波テレビは、エンターテイメントの最先端にはなくて、特に民放地上波は、ソーシャルゲームとネットメディアのCMと、老人向けの情報バラエティ、お笑い芸人の流通の場ぐらいにしかなっていないような気がします。気がつけばテレビはすでに1億人から100円の広告費を広告という形で回収するモデルから、500万人から2000円を回収するモデルにシフトしていて、これは、別にテレビに限った話しではなくて、ネットメディア・ゲーム、すべてに共通して今起こりつつあるビジネスモデル変革の一形態のように思います。

そこで、BSハイビジョン放送の再編が行われる2011年10月とは、2011.7ハイビジョン完全放送移行後、テレビにとって一つの分水嶺となるように思います。

このモデル(いわゆるフリーミアムモデル)にシフトさせるときに重要なのは、コンテンツ力に常に力を注ぎ(作るのか、作れないならマーケットに評価されるものをうまく調達する能力やセンス)コンテンツを啓蒙し、いかにしてコアなコンテンツのファンを自らのプラットフォームに依存させる形で形成していけるかにあります。

収支のバランスで、安価なコンテンツを流しても、無料ユーザーとしては利用者がついてきても、そこから有料サービスへはなかなか進みません。適度なコンテンツを最適な編集力で配信し全体しての付加価値を高める、メディアビジネスは、今ここで大きな岐路に立たされていると思いました。

一つ一つの細かいこだわりこそが重要になる。そうしたこだわりをいかに、科学的に、プラットフォーム上で一元的に行うことができるか。

それが例えば、ソーシャルゲームにおけるKPIや離脱率。

膨大なユーザーのデータベースだったとしても、ブラウザーゲームのような単純なゲームだからこそ、今のサーバーの解析能力で、科学的に細かい指標を解析し最適化ができるのでしょう。

ちなみに、デジタルテレビへの移行でアナログ放送時代の顧客の解約が一段落し、これから経営的にはダッシュという感じでしょうかね。



なるほど、株価は8月の株価低迷の影響があまりありません。
9412:スカパー 4839:wowow 9401:TBS

広告を非表示にする