読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

takashisatoのここだけの話

仕事のことをたまに、普段考えるいろいろなこととか、近所の勝どきとか豊洲の話も

本屋のポイントサービス

書店のポイントサービスは最近増えてきましたが、先日青山ブックセンターに出かけると、開始したポイントサービスが終了するお知らせが出ていました。なかなか運営も大変なのでしょうか。

ここ数年にわたり、今までは本を購入するときはルミネカードでルミネにあるBookFirstを使うことが多かったのです。通常時で5%オフに加えて、年何度かあるタイミングで購入すれば脅威の10%オフ。そういう時を狙って本を購入する人が年々増え、そんな時期にbookfirstに行こうものならレジは大混雑。引っ越してルミネが遠くなり、銀座に出来るらしいルミネに書店が入るか不明だったためいったん解約しました。

それに、そもそもルミネカードは年会費が1000円かかるので、5%還元額が1000円以下になる、年間2万円以上ルミネで本を購入しないとそもそもカードを持つ意味がありません。別の手段で本を購入しても3%ぐらいは還元を実現できるものもあるので、体感的に年間5万円ぐらい本を買わないと損ではないかと思うように至りました。最近本を買わない暮らしを目指しているのでますますシビアに。年間5万円を一つの書店で決済するって業務用の開発系の技術書を買うとか、そういうことでもしない限り結構な量ですよね。1500円のビジネス書が33冊購入できます。

最近の本の買い方は大きく2通り。

1.ポイントアップモール経由で楽天ブックスで時々やっているポイントアップキャンペーン時に購入。ANAマイルを登録しておけば、普段でもポイントが確か倍もらえます。ポイントアップモールでのポイント付与、クレジットカードのポイント還元、楽天ポイントANAマイル付与で3〜5%程度の還元率になってたかと思います。

2.ららぽーと豊洲の紀伊国屋で購入。ららぽーとのポイント1%。紀伊国屋のポイントカードが1%、クレジットカードのポイントが1〜2%なので、トータルで3〜4%程度。

やっぱりルミネが最強ですが、年会費もかかるし、財布に余計なカードが増えるので考えものです。

もちろん読み終わったり、読み始めて読む価値がないと判断した本は売ってしまうことが多いですかね。結婚して物を置かない暮らしを目指してます。以前家に遊びにきたことがある人が今うちにくると驚くのではないかと思います。

なお上にある還元率については、ANAマイルに移すことを想定しANAマイル1=1円で計算しました。マイルをそのまま航空券の価値として計算するともう少し還元率はあがると思います。

最近の仕事が結局はゲームポータルサイトのポイント経済圏を作っていくことなんだ(出口が航空券マイルではなくゲーム通貨)ということに気がつき、クレジットカードをはじめとするポイントについていろいろ研究したり、積極的に実体験したりすることにしています。

広告を非表示にする