読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

takashisatoのここだけの話

仕事のことをたまに、普段考えるいろいろなこととか、近所の勝どきとか豊洲の話も

臨海副都心サイクリングの日々

新居に引っ越してからというもの、マンションで自転車を借りられることになったため、毎週のように週末は自転車で出かけるようになりました。

晴海大橋など、橋にかなりの起伏があるので、疲れそうなのですが、借りられる自転車が電動アシスト付のためとても快適。公共交通機関を使うと乗り換えやら、結構めんどくさそうな移動も自転車なら楽ちんです。

マンションがまだガラガラのため、自転車が借りたい放題のためかもしれませんが、再開発で日々風景が変わる臨海副都心、春の風を浴びながら、海を望みながらのサイクリングはなかなかの快感です。(ただしレインボーブリッジだけは自転車をのったまま移動ができないので不便です。)

サイクリングをしてみて、よく感じることなのですが、勝どきまでは、マンションやらオフィスやらが密集し、ゴミゴミした街並みなのですが、晴海から南は、空間が広く、計画的に作られた街並みが広がります。ここが東京都心から近くの場所なのか疑いたくなる場所です。同じ臨海副都心である芝浦・天王洲と比べると工場や倉庫がほとんど移転してしまい、ただっぴろい空き地が広がってます。

開発が終盤を迎える豊州に代わり、晴海付近は今後建設ラッシュらしく(ただし現時点では土日祝日が閑散とするトリトンスクエアはどうなのか、という話と、そもそも都心からのまともな交通手段がないという問題を抱えているとは思います)、有明付近にただっぴろく広がる広大な空き地も、大規模開発が進められることが決まり、環状二号線が開通する頃には東京五輪が決まろうとと決まらなかろうと、築地市場が移転しようとしなかろうと、東京湾岸はなんだかとんでもないことになりそうな雰囲気です。

しかし一方でそんなにひたすら開発してそもそも誰が買い支えるのかかなり不安です。こんなに交通が不便な埋立地にマンションを購入するのと、郊外の住宅地に住むのとどちらが魅力的なのでしょうか。ターゲットは県を超えて東京都心に通勤する世帯なんでしょうけど、交通が便利にならない限り通勤時間は大して変わらないと思えてしまうし、マンションのローンを返済していけるほど安定的で持続的に昇進していけるような雇用環境が続くと多くの人が思っているのでしょうか。自分は賃貸暮らしで雇用の安定もままならない身分なので、賃料が下がったり、競争の激化でより快適な住宅に住めるようになったら、ラッキーぐらいに感じている今日この頃です。

しかし、電動付自転車を使いこなせれば、この地域は車は全く必要ないです。必要なときにレンタカーで借りられればそれで十分に感じます。

広告を非表示にする