読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

takashisatoのここだけの話

仕事のことをたまに、普段考えるいろいろなこととか、近所の勝どきとか豊洲の話も

デジタルフォトフレームの話

嫁の会社の同僚から結婚祝いをもらい、我が家にデジタルフォトフレーム(SONY DPX-X75)がやって来ました。

デジタルフォトフレームは、ここ数年で、androidが入ったり、テレビと融合化したり、大きく変わる分野なのかなと思うのですが、そんなことを気にしていてはいつになっても購入できません。

部屋に飾り始めて数週間たちました。デジタルフォトフレームは消極的にしかメディアとして意識しないため、ここに映される写真や各種データに関心が向いたり、なかなか人がお金をかけるのは難しいなあ、と感じました。でも何気なく写真が映る、というのはなかなかいいものです。

同じ家庭内にあるディスプレイでも、テレビとフォトフレームではこうも存在感が違うのだ、ということを痛感しました。所詮はひとつの部屋の中でフォトフレームはテレビの二番手の存在であるためなのでしょうかね。

テレビとPCが同じカテゴリーで共存できないように、テレビとフォトフレームは、ディスプレイメディアとしては共存しないのでしょうね。

広告を非表示にする