読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

takashisatoのここだけの話

仕事のことをたまに、普段考えるいろいろなこととか、近所の勝どきとか豊洲の話も

シリアルアントレプレナーとして自分が今までやってきたことをふりかえる (その1 25歳ぐらいのころ)

久しぶりにブログを書いたらかなり長文になったので何回かに分けることにしました。
(ブログばかり書いてるわけではありませんのでご安心を)

logmi.jp

「起業は繰り返したほうが有利」という記事を読んで、シリアルアントレプレナーとして今後売り出していこうとしている自分がこれまで何をして何を経験してきたのかというのをよい機会なので文章にしてみることにしました。今はあまりインタビューされることも少ない、エフルートビットレイティングス時代以前から振り返ってみたいと思います。今回は第一回目です。
 
あまりネット上で表明したことがない内容も多数あるかと思いますが、時間も経っているし特に気にしないようにしてみます。あとあくまで自分なりの視点での振り返りなので、関係当事者の方が読まれた時に、それは違うんじゃないと思われることがあるかもしれませんが、それも気にしないことにします。
 
 
思い起こせば、そもそも自分は起業したり経営したりする人種からは遠い立場にいる人種でした。そんな自分がインターネット業界・モバイル業界に関わることになったのは、1999年の秋ぐらいのことでした。大学院1年の24歳のころです。ウェブデザイナーとして大学院がない週3日はネットバブル特需で仕事をもらう日々だったのですが、その過程で派遣会社から面白そうな派遣先があるということで紹介されたのが2社ありました。一社はリアルネットワークスと、そしてもう一社は自分が関わることになる当時WAP向けブラウザーKDDに(当時はまだKDDIはなくて正確にはDDIセルラー電話とIDOだった)提供していたphone.comでした。
 
いろいろあって大学院を休学しphone.comで働くことになるわけですが、当時はネットバブルで、そもそもモバイルインターネットなんかよりも、まずはPCインターネットであり、それでも少しずつ立ち上がりつつあったモバイルインターネットの世界でもまだようやく100万人を突破したばかりのimodeにほとんどの人たちが向いていたような時代でした。
 
そんな時代に自分はWAP向けコンテンツのマーケティングの仕事に傾倒していくことになるのですが、あるとき、WAP向けのコンテンツを流通させることを誰もやっていないことに気がつきました。当時OH!NEWというimode向けの検索エンジンがあったのですが、WAP向けはおまけのような存在でまともに向き合っている方はほとんどいませんでした。imodeと違ってKDDIの方々の勝手サイトに対する理解に疑問も感じそれだったら自分でやってみようかといつしか思い立ちました。
 
そこで、週末にインターネット上におちていたperlで書かれたCGIのプログラムを改造して、WAP向けサイトのdirectoryサービスをつくってみました。(このときはじめてCGIを触りました、データベースなんて高尚なものを使うことはせず、csvファイルがデータベースでした)WAP向けサイトの構築方法などをまとめた情報発信をしようとシリコンバレーに出張しているときに、なんとなく思い立って取得しておいたドメイン、wapnavi.netを使ってサービスを提供することにしました。
 
当時ギガヘルツというモバイル業界のコミュニティがあって、そこで知り合いになった人たちが自分でサービスを公開して、事業っぽくしている人たちがいて、個人でプレスリリースを書いたりしてメディアに掲載されているのを参考にして、出してみたところ少しずつニュースにのるようになり、ユーザーが少しずつ増え始めました。
 
本業の仕事とバッティングして怒られるのが嫌だったので、会社に確認して、会社としてはやらないし個人でやっている分には問題がないということになったので、運営改善をしたり、WAPサイトを世の中から探してきてサイト掲載する地道な運営を始めました。2000年の夏のころです。
 
そうしているうちに、いろいろな人から連絡が来るようになりました。広告代理店が広告を掲載したいと連絡して、広告を掲載はじめると、会社員の給料よりも高い収入が入るようになりました。事業として売り上げがあがるというのは、給料としてのお金と単位は同じでも違う種類のお金なんだということを理解し、自分自身の中で、お金の価値の捉え方にいろいろと混乱し、個人事業としてやっていくことをこのまま進めることに悩み始めました。
 
またとある大手ネット企業のモバイル事業責任者の方から私が運営しているサービスを数千万円で買収したいという話をもちかけられました。当時貯金が数十万円しかない自分にはびっくりな話です。今風に言うと要はアクハイヤーなわけですが、自分はそんな価値のあることをやってるのか不安になり、そんな大金と引き換えに、それには何か壮大な裏話があるのではと悩みました。
 
そんなとき、ICPという VCの方から連絡があり(当時ICPはカカクコムに投資した直後でオフィスが表参道にあり、まだ穐田さんが社長をされていました)まもなく人生が大きくかわる一つ目の大きな転換がやってくるのでした。(つづく)
 
追伸
その2を書きました。今日はここまでです。

takashisato.hatenablog.com

 

はやいものでもう結婚5周年

7/7といえば我が家では七夕ではなくて、なんといっても結婚記念日。2010年7月7日入籍しました。今では、二人の子どもに恵まれ幸せな日々を送らせてもらっています。

結婚記念日は入籍した日にしているので、結婚式をした日ではないのですが、前々職で当時会長だった自分の進退で悩んでいたときに、今の嫁と知り合いいろいろあって、そのまま結婚しました。

いまは起業して、事業構築の準備段階にあり、いろいろな意味で正念場にあり、大変な毎日ですが、こんな自分でも支えてれる家族があるというのはやはりありがたいものです。

本当はお祝いするところなんですけど、仕事がいろいろと佳境なのと、二人目の子どもが生まれたばかりで、何をするにしてもいろいろと大変なため、今年は静かに五年たった結婚生活を振り返ることになりそうです、、、。

今一緒に会社を立ち上げている稲垣さんが海外で挙式中なのですが、彼も大変だなあと思います。ただ個人的に思うこととして、結婚は偶然であろうとなかろうと、大変な時期にしたほうがあとから振り返った時に、いいものかなと思います。

なので彼には幸せになってほしいし、そのためにも事業を成功させなければと思う日々です。

f:id:takashisato:20150705233838j:image

豊橋技術科学大学と人工知能関連の共同研究をはじめます

スマートアプリが現在計画している新しい事業・サービスのシステムの開発を進める中で、より競争優位性ある仕組みを構築していく観点もあわせて、豊橋技術科学大学とR&D的な試みを始めることになりました。

prtimes.jp

 

一緒に研究をしていく吉田さんは、もともと10年来の友人です。私が見ていてもかなり頭の切れる人で、総合的な観点での技術の選定にセンスがあるというか、検索エンジン系といいますかデータベース系のシステムやサービスを作ったりする日本国内にはほとんどいない逸材です。

そんな彼が、筑波大学院を出られて大学に行くというのを聞いたのは、かれこれ2年ほど前。当時私は自分の事業をやっていたわけでもなかったのですが、彼とは機会あるごとに食事をしたり、近況を話したりしていました。

彼は研究者と実業家の間のようなことを追いかけているような気がしています。最近彼が発表した研究もそんな感じがします。

ci.nii.ac.jp

そんな彼と今回一緒にシステムのことを考えられるというのはとても楽しいです。(そのうち海外の大学に行ってしまうような気もするので、今のうちにいっぱい仕事しておこうと思ってます)

彼とディスカッションしていると、頭のなかにいろいろなひらめきが起こるような不思議な感覚になるのですが、最近は機械学習関連の仕組みを新規事業に柔軟に取り入れているので、そのあたりのやりくりがとても楽しいです。しかしこの分野は、ネイティブアプリを開発できることもいいんですけど、10年後にはすごく当たり前の分野になっているように思います。

takashisato.hatenablog.com

というわけで、ますます準備中のプロダクトに磨きをかけていかなければならない今日この頃ですがご期待ください。なお7月からは若手開発者のエース辻さんも加わりまして、引き続き突き進んでいきたいと思います。

f:id:takashisato:20150627220457j:image
先日の開発合宿での一コマ@伊東港

今回の大学との共同研究もしかりですが、情報系の大学生や高専出身生の方で、アプリビジネスの最先端の開発の業務を一緒にやっていく人は引き続き募集しています。詳しくは株式会社スマートアプリ人材募集・採用ページをごらんください。特にPythonとcordovaに興味がある人待ってます。

機械学習とか人工知能の技術が枯れた技術になってきた昨今、ぼくが想像する10年後のネットサービスの開発のあり方について

最近仕事でいろいろとディープラーニングとか機械学習とかについて、考えたりすることが多くなってきました。そこで今私自身が考えていることをまとめてみることにしました。

 

私はよく外部からエンジニアと誤解されますが、なんちゃってエンジニアでしかありません。そんな私が「PHPを勉強したほうがいいよー」と言われたのは、今から15年ほど前の2000年です。

ちょうどWAP向け検索エンジンを運営していたときです。25歳。検索エンジンといってもcsvファイルを単に文字列検索できるperlをネット上から拾ってきて改造して提供していたぐらいでした。検索エンジンというよりは、私の根気というか、情報収集力でもっていたようなサービスでした。

PHPの日本語向けの書籍がなくて、当時はネットの開発者向けコミュニティも少なくて、逆に情報が少なくて、いい筋の人からそれを聞かされたということは、それを少しでもかじればそれでご飯が食べられるのではと思いました。

同じ人に言われたのは「さとうくん、10年ぐらいたつと、こうしたネットサービスを開発したりするのは、htmlのコードを書くよりも簡単になる時代がくるんだよー」と言わました。なんとなくそうなのかなーとは思いましたが深くイメージできない自分がいました。

その後、BLOGサービスがきて、情報発信コストが大きく下がり、LAMP系でMysqlとか使って少し複雑なネットサービスをかなり普通に提供できるような時代がやってきました。

開発環境はさらにどんどん変わり、参入障壁は日々低くなり、競争がグローバルになりました。どんどん時代は変わります。

そして昨今の、人工知能ブームなわけですが、今更ながら自分もさわってみると、この分野も急速にツールや仕組みがこなれてきた上で、さらにはオープンソース化と、コモディティ化が進みつつあるのだということがわかってきました。(だからこそ、今回は各社とも本気なんだと思います。)

qiita.com

このブログに書かれていますが、いまどき単なるネットサービスは、だれもが作れるし、大した付加価値も出せないし、正直中学生の自由研究題材のような存在になってきてしまってます。

scikit-learnでちょっとした機械学習をするのは、LAMPでちょっとしたWebアプリをつくるよりも簡単です。

そして、それが人工知能の分野にも及んできている。そしてこうしたソースコードGithubを通じて世界中に公開され、開発情報はどんどんインターネット上で共有され、それを見ず知らずの人が活用する時代です。

ただこのブログにありますが、前提知識なく理解せずそれをやろうとすると、今は意外と無駄も多い。近くに機械学習系の開発の経験者がいる、実務的にそれをやっている人がいる、というのが今は効率的なようです。

機械学習の仕組みを活用してサービスを企画するのではなく、今まですごく手間がかかつていたようなことを機械学習の仕組みの中で枯れた技術となっている部分をうまく組み合わせて競争力あるサービスに生かしていくという流れです。

そして、単にこの分野で勝つというよりは、次の時代のインターネットサービスの一般教養のような形になっていくように思います。

機械学習とは、抽象的に書くと「コンピューター同士の対話」みたないものです。(botも少しそれに似ていますけど)そしてその対話がどんどん賢くなっていくようなものです。

アジアの人たちはスマホアプリに語りかけて使います。wechatのUXの影響も大きいんだと思いますけど、文字とバイナリーデータで構成され、だからこそ閲覧ソフトが強かったインターネットの仕組みは、今一度再編成されて、人間と機械、機械同士が共鳴しあう新しい仕組みになっていく、そういう時代にどのようなサービスが求められて、どう開発していくか、というイメージを持つということになっていくのだと思います。

と、単なる妄想になってしまいました、が。

シリアルアントレプレナーをサポートするプロフェッショナルマネージャーとは?

なかなか面白い記事がアップされていたので紹介したいと思います。

hiptokyo.jp

このパネルディスカッションを読んでいくと、いくつも重要な話が出てきますが、自分がおっと思ったのは、下記のような記載でした。

松山氏「20年くらい前と比較して起業家の数は増えていますか?」
仮屋薗氏「数は増えていて、質も高まっていると思います。複数回起業するシリアルアントレプレナーも増えていて、そのサポートにプロフェッショナルマネージャーがついている。国内については一定のレベルを越えたかなと感じているので、これからやらなくてはいけないのは、海外に挑戦して得た経験やナレッジを業界全体に浸透させること。業界全体でラーニングを早めていかないと世界のスピード感に負けてしまう」

 シリアルアントレプレナーをサポートするプロフェッショナルマネージャーというのが面白いです。自分も前職のモブキャストではそのようなポジションにいたのかなと思うんですけど、結局事業や会社を大きくするとき(いわゆる事業の方向性が確定し事業の拡大再生産を一気に進めるフェーズ)では、そのような人をどう巻き込めるかの採用力がとにかく重要です。

そのときのために、わざわざ遠回りであっても採用は数年かけてじっくりやるとか、最近いろいろなところで出てきますけど、ホントそうだなあと思います。

ただここでいう、プロフェッショナルマネージャーって、どんな人かというのは、起業家や会社のフェーズによってもだいぶ違いますかね。なにをもってプロフエッショナルとするかですかね。自分の感覚では灯台下暗しというかすごく近くにいるすごく重要な人以外はあまりはまらないなあとか思います。

忘却録として、facebookで「いいね」だけすると忘れてしまいそうなので記事にしてみました。

 

開発合宿やります

5/1に会社を設立して1ヶ月半過ぎました。早いものです。
おかげさまで、気がつけば非常勤含めて開発メンバーも5名ぐらいの体制になって事業構築の準備をしています。
 
ただ、場所がシェアオフィスなので、アイディアを出し合ってわいわいやっているフェーズはいいんですが、フェーズをきって事業やプロダクトのブラッシュアップをしていくにあたりオフサイトのような場所で短期的に没頭できる集中環境を用意していく必要が出てきつつありました。
 
また、現在は全員が四六時中顔を突き合わせているわけではなくオンライン上でのやりとりも多く連携がいまいちな部分もあり、初期開発のスピードをさらに引き上げるために、開発合宿をすることになりました。来週後半から行ってきます。開発効率を高めるとともに、この合宿を通じて自分たちが開発していく仕組みや展開しようとしている事業にもっと誇りを持てるようにしたいと思っています。
 
会社が小さいうちはこういうのはとてもやりやすくていいなと思います。
 
ちょっと古いんですが、友人に教えてもらいましたが、こんなのもありました。

www.find-job.net

 
スマートアプリでは、引き続き尖った開発系の人、デザイン系の人は今後とも探していきますのでどうぞよろしくお願いします。

smartapp.co.jp

 

ぼくが外部資本を再び入れて事業を前に進めようと思ったわけ

スマートアプリは創業1ヶ月目に第三者割当増資を実行しました。気がつけば創業してはやくも一ヶ月過ぎてしまったわけですが、今回は忘却録として今回のファイナンスに関する思いを書いておきたいと思います。
 
さて、資本をいじるファイナンスというものは、将来やっぱりこうすればよかったと思っても決して過去に戻れないので慎重にすべきものです。
 
近年では、優先株に代表される昔に比べて便利なスキームが出てきたり、周りでノウハウをもって支援する人も増えてきたため、起業家が後悔することが減ってきたのではないかと思います。
 
一方でいまどきのネットベンチャーは、週末稼業でガレージカンパニーからスタートできるほどやさしいものでもなくなってきています。
 
ハードやソフトにかけるコストや手順はますます簡略化されてきていますが、それは等しく全世界の人たちに誰しもにも与えられたことなのでむしろ競争が激化する要因にしかならず、しかも英語圏の方が恵まれている。事業を立ち上げるためには、今日ではそれなりに人を巻き込んできちんとやらないと、いいものはできないしすぐに真似されるようになってきていると感じます。(つくりたいものをつくるというのであれば、様々なプロジェクトがあり、イベントがありますからどんどんチャレンジはすべきでしょう。)
 
それであれば、ファイナンスのスキームをうまくいかしたりして、信頼できる優秀な仲間を集めたりインセンティブをもたせたりして、事業を立ち上げていくぐらいでないと、成功確率は上がっていかないものだと思います。(もちろん落とし穴もたくさんあります)
 
ただ、今回のファイナンスに関しては、まずは古くからの信頼している知人・友人に限ったものにしました。目指す山とある程度の戦略と仲間ぐらいは決めますが詳細な事業計画の説明なく、短期間にこうしてファイナンスの実行ができるわけで、ある意味ではとても恵まれているように思います。(もちろんそれは信用でできていることなので、それを裏切るわけにはいません)
 
しかし真実は逆なのかなと思っています。
 
なぜなら知人・友人と新たに利害関係者になることで、これまでの人間関係が変わってしまうからです。小さい頃から両親に「友達と金の貸し借りは絶対にするな」と育てられた自分からすれば、こうした変化はとてもはがゆいものです。
 
こんな自分を信頼してくれる知人・友人に報いるというのは金額以上に将来に対する大きな借りを作っているのだ、というプレッシャーで自分としては走っていくのだと思います。プライベートな貸し借りは、業界自体がとても狭い日本国内では、きちんとやらないと、将来うまくいってもうまくいかなくてもその業界で生きて行くことに結局ストレスになってしまいますし、そのほうが自分自身にとっては金銭的な損失より失うものは大きいと思っています。
 
なので、逆説的に最初のファイナンスはとても重要なのかなと思いました。そしてこうした洗礼をきちんと乗り越えられてこそ、はじめて会社を大きくできると思うのです。
 
とはいっても悲観的な話ばかりでもなくて、準備している事業に、戦略性と大義もあり、しかもまわりから適度に見放されているという意味で、自分なりにはそれなりの手応えを感じていたりします。
 
最後に、太河さんは日本では数少ないシリアルアントレプレナー応援団長として、彼とはいろいろと相談しながら前に進めていこうと思っています。個人的には経営とは「ピンチをどうのりきるか」と「チャンスにどこまで覚悟できるか」以外はあまり気にしなくていいと思っていますが、彼のこれまでの私の友人起業家に対する支援のスタンスなどをそばで見てきました。私としてはそうしたこれまでの苦難とその後にやってくる成功に単にあやかっているわけですが、あやかったところでうまくいくわけでもないので、まずは地道に事業構築を進めていきます。ほかにもエンジェル投資家としてはいっていただいた方も、ピンポイントでスマートアプリのよき応援団として活躍いただける素敵な人たちばかりなのでとても楽しみです。
 
ということで今後ともよろしくお願いします。