takashisatoのここだけの話

仕事のことをたまに、普段考えるいろいろなこととか、近所の勝どきとか豊洲の話も

想定以上の反響とまだまだだなあという反省の間の中で

mediumのほうで書いてしまったのでこちらからリンクで紹介。以後ブロックチェーン系の事業展開している間のブログはmediumのほうで書くことが増えていくと思います。(しばらくは都度記載します)

medium.com

近況の話とdappsまわりの話

ブロックチェーン周りの話を忘却録としてまとめてから半年以上が過ぎました。にしても早いですね!

この半年かなりいろいろなことがあったのですが、スマートアプリとしては、3月ぐらいからdappsまわり、中でもブロックチェーンゲーム関連部分に集中して活動しています。ブロックチェーンゲームをつくるというよりは全世界でdappsアプリやっている人が1日数千人以下でマーケットが全くない状態なので、周辺領域の掘り起こしとニーズ喚起がテーマとなっています。

shimaumablog.com

昨年チャットアプリを作っていたときに活躍していた学生の開発者を呼び戻したり、新たに学生の採用も行い、スマートアプリ起業時代に一緒にやっていた仲間を呼び戻したりしながら、六本木のEVのオフィスで活動しています。おかげさまで何社かコンサル案件も担当させてもらってます。(勉強にもなるので大歓迎)

にしても、ブロックチェーンというと学生は興味を持ってきくれる人がとても多く(東大生もマイナビとかに募集出すとなんとバイト応募してきます)、まわりのブロックチェーン系スタートアップも学生ばかり。世代の差を感じます。とはいえ若い学生チームだりだけと、企画構想だけで解散してしまうチームも多いとかで大変な分野ですがまあなんとかやっていければと思っています。

しかしこのDapps分野はかなり面白い領域です。どういう部分が面白いのかというと

  1. 関わっている人が例外なくとんがった怪しさでエリートがほぼいない
  2. 情報がまったくないなかで試行錯誤(ネット上の開発情報で開発物や仕組みは動かない)
  3. とんがったハッカーがコミュニティの中核にいて、どんどん領域が進化するけど参入者はまだ多くない

などなど。いくつか過去のネット業界でのイノベーションと共通するシグナルをビンビンと感じます。儲かりそうなタイミンクでその領域に肌感覚がないと基本すでに時遅し、ベンチャーなんてそんなものですよね。(なぜこの分野に的を絞ったかはそのうちお話します)

この分野においてはまずはイーサリアムということでweb3.jsが中核なのですが、これについて正しく理解できている非エンジニアの人たち、プロデューサーの人ってどれぐらいいるのですかね。ブロックチェーン自体の理解もさることながら正直こっちのほうが多分重要です。dappsがブラウザーゲームブラウザーアプリケーションの復権の中核的存在、というか新たなキラー要素になってきている文脈も見逃せない部分です。

github.com

 とはいえイーサリアムの機能不全に対してアプリケーション側も依存してばかりもいられないということで出できた動きが昨今だとdapps領域のためのサイドチェーン。この分野で最も活発に動いているのではと思うのが、例えばLoom Network社などのの話です。サイドチェーン自体は少し前からある動きです。

しかしながらサイドチェーンがdaapsアプリの中心となっていくともはや提供されるアプリケーションがブロックチェーンベースのものなのかということを意識する時代は終わるのかもしれません。

crypto-times.jp

サイドチェーン、オフチェーン、オンチェーン、正しく使い分けられる人はまだまだ多くないですかね。。。。カタカナ言葉が多すぎます!

 

 

 まあ、43歳にもなりましたし、あまりかたひじはらずに前に進んでいきたいと思っています。ブロックチェーンまわりで興味ある人は是非ご連絡ください。お仕事でも、人材の件でも。

 

ブロックチェーンの見通しや視座について

10月下旬ぐらいから集中的にブロックチェーン、暗号通貨について研究したり、情報収集を進めてきたのですが、いろいろ見通しがまとまってきたので文章にしました。最後にとどめを刺してくれた人は、モバイル業界の古くからの友人でした。やはりネット業界黎明期からなお現場の一線で活躍する人物から得られる知見については、市場が出来きつつあるぐらいの分野の話の体感値が決定的に違います。(今更気がつくなというツッコミは勘弁)

たまたまBTCが急騰したり急速な法整備の中でICOが盛り上がったりとありますが、偶然ではなく必然かと思います。とんでもない時期に遭遇しているのです。これは2000年〜2001年のネットバブル、imode革命以来。ソーシャルゲーム革命、スマートフォン革命のときとは次元が違います。

・仮想通貨とは何か?
国的には都合よく「お金」だったり「もの」だったりにされている。税金のルールとか。事業を考える上では逆にそれをうまく利用する。仮想通貨における信用創造によって税収を増やす考えが国の根底にはある。(中期的にはbitcoin等の送金手数料のような税金がbitcoinベースでチャージされるような時代が来る)
ex)それがモノとしての解釈ができる限りにおいて、RMTだったり、eスポーツやそれに付随した報酬の仕組みは賭博等の規制を受けることなくもなく(トークン同士の交換でしかないため規制しようがない)基本やりたい放題である。

・BTCは土地や金のようなものである
よく流動性が低いとか、送金コストが高いとか、時間がかかるとか言われますが、仮想通貨取引所にはどんどん新しい仮想通貨が誕生するので、あまり関係なくなるし、仮想通貨の親玉としてのBTCの価値はますますあがる。現状新しい仮想通貨の売出しは全部売上になっているので(ここではモノと解釈される)税金が取れると金融庁は認識し、詐欺が横行する現状はあるものの、どんどん奨励している。ICO自体を仮想通貨取引所が厳しく審査するようになってきている。

・BTCはバブルとは言い切れない
上昇率はそこまで乖離していないし、既存の法定通貨の価値の毀損を考えればそこまでバブルとは言い切れない。収益を法定通貨を通じて得る時代はまもなく終わりになるかもしれない。仮想通貨と法定通貨の立ち位置が逆転する時代がくる。

 

・マイニング事業はここからが本番
今までは壮大なシステムの無駄な部分で成立していた部分(低能力のボロサーバーが主役の中心だった)がここから全部ガラガラポンで変わる。逆に言えばマイニングの様々な問題(送金に時間がかかるとか)含めて自助努力が働き改善されていく。

ブロックチェーン革命とは何か?
やばすぎてかけない。インターネットを媒介した仕組みであるので一見するとインターネット革命のサブセットのように見られがちだが実際は真逆。社会構造の根底が変わる仕組みになっている。それは近代化した国家の次の仕組みを作る。ただしアナーキズムな世界になるということではなさそう。

・独占による価値提供を前提とした売上は基本的にはもう伸びない
お金の根幹の価値が相対化していく時代。例えばゲームはガチャで収益を上げるものは、コンシューマーゲームのようなアンシャン・レジーム的な存在となり、仮想材の交換手数料で稼ぐ時代が来るような気がする。

・ワレットの可能性は無限
ワレットは仮想通貨だけでなく、仮想財含めた広義の意味でのトークンの保存場として各業界が縄張り争いをする。だた収益化は程遠い。仮想通貨取引法に抵触しない交換自体を加速させる仕組みが作れるかかがカギ。

近況報告します

ここ数ヶ月はあまり情報発信していなかったのですが、3月に入りまして環境が変わりますのでご報告と今後の話です。

昨年来スマートアプリがピポットの決断をしたタイミングぐらいから、いろいろと支援させていただいていた株式会社ipocaの業務なのですが、2/28日の取締役会をもって取締役を辞任しました。いろいろありましたが株式会社スマートアプリの業務をメインに戻ります。

昨年春にピボットの決断をしてからちょうど一年の構想期間を経て、ここから先は2015年に始めたアプリ情報提供/アグリゲーション事業から、コミュニケーションサービス事業にピボットさせた上で当面はステルスでいくつかのサービスを出して行くことになり活動再開です。

この一年あまりについては、ipocaで自分のこれまでの15年ぐらいのネット企業での様々な事業立ち上げ経験や経営経験をベースにお手伝いさせていただきました。

O2Oという新しい分野への挑戦はとても勉強になりました。

営業ドリブンのB向けネット企業の経験はとにかく初めて。右も左もわからず最初は苦心しましたが、リアルコマース・リテールテックと呼ばれる、リアル*インターネットの接点にあるネット業界の最後のフロンティアで勝負することができました。2016年6月からおかげさまで取締役にもなりipocaの仲間のみんなや私を引き込んでくれた一之瀬社長には本当にお世話になりました。なかなか痺れる経営判断の連続ですごくやりがいもありました。

 本当であれば、このままもう少し勝負する分野なんでしょうけれど、自分のわがままをいわせてもらい、今年からスマートアプリの事業に戻り、C向けの新事業の立ち上げに邁進していきます。この一年間でだいぶ野心も軍資金もたまりました。起業家がだーっと走るときは適度な野心とプレッシャーが必要なのかなと思い、この一年の経験を糧としつつ2015年ほど潤担なお金があるというわけではなく、二度目の正直というプレッシャーを感じつつ前に向かって走りたいと思います。こんな自分やスマートアプリに興味がある方は是非お声がけください。

 自分のipocaの後任は久保さんや新たに入社された優秀なメンバーに譲るとしても、3/1からも引き続き顧問として応援していきます。今後ともよろしくお願いします。

 

しかし多くの人が、ネット業界から最後のフロンティアである「リアルとの接点分野」に踏み込んでくるのに対して、自分はこれに真逆でまたネットの中に戻っていくのはなんだか変な気分ですね。

拝啓 バッシーさま

昨年末も末の31日の朝に携帯電話がなった。確認してみるとM社Y社長からの着信の履歴だった。電話をかけなおすと「悲しいお知らせがあります」の一言。
 
会社で何かあったのか心配になりながら聞いてみると予想外の一言が。
 
「バッシーがなくなりました」
 
バッシーとは、入社してなかなか社内に馴染めずにした頃Y社長がつけたあだ名でその後からずっと社内共通語なのだが、れっきとしたM社の取締役だった故IT氏のことである。(正確にはM社は上場企業なため会社側から1/5に12/30付で逝去による取締役退任したことが公式に発表された。)
 
彼とのやりとりはこの数年ではかなり長く深かかったため個人的に正直絶句した。
 
40代は人との別れに向き合うことで前に進む年代なのかなと思いながら40を超えて、一発目からなかなか辛いやつがきた。
 
普段は会社の人のことを決してあだ名や呼び捨てで呼ばない信条の自分も今回だけはバッシーという名前を積極的に使って故人を懐かしんでみたいと思う。新年早々のエントリーがこのような内容となってしまったが故人を懐かみつつ未来に向けて走ろう、ということでご容赦を。
 
バッシーとの出会いは、さかのぼること2009年か2010年のころ。彼は前職の大手ケームメーカー・KONAMIから当時10数人の中目黒にあったM社に転職してきた。
 
当時の彼は社内でのコミュニケーションに悩んでいるようだった。その後M社がサッカーゲームの飛躍のタイミングで自分がM社にコミットし、バッシーが担当していた社内側の多くの業務を自分が担当していくことになった。
 
そしてその後バッシーが本領を発揮していくことを傍で見て行くことになる。彼がプロ野球機構などゲームIP関連の契約を取りまとめたり、プラットフォーム事業の要だった決済系の契約をとりまとめてきたり、当時は外野から不可能だとまで言われたマザーズ上場までのbizdevの具体的な実務はほぼ彼が独占的に担当してきた。自分は彼のようなbizdevの具体的な実務を担当する人間と一緒にサービスを開発したり運営したり、組織作りを一緒にやったり、本当に幸せだった。上場前後から会社の要の人事・採用をやりきっていく。
 
彼とは私が入社前からずっと数ヶ月に一度のみにいくことが多い不思議な縁だった。私が入ったとき、当時はまだ彼が社内に確固たるポジションを築けていない頃よく話していたのは「私のような外様ではなくバッシーのような叩き上げと思われるぐらいの人のほうが中期的には会社を救うので早く役員になってくれないと自分がやめられない」というような偉そうなことばかり。今になって考えると8歳も人生の先輩に対してとても失礼なことをしてきたなあと感じるものだが、会社が中目黒にある時代は彼とハムカツが名物の大衆居酒屋によく行ったものはよい思い出だ。
 
そうした関係は私が2015年に退任するまでの間ずっと続いた。定期的に飲みに行き、怪しげな店にも行ったのはよい思い出だし、その間実に色々な話をした。とにかく気さくで年上から目線を全く感じさせないのだ。会社のことにも人生にも全力投球で粘り強く常に笑顔。それでいてどこか直感的で遠くを見ているような人。役員同士でカラオケに行くと「栄光の架橋」を肩を組んで歌うのが彼のスタイルなところがにくめない。
 
私がM社の取締役を2015年春に退任するとき、2014年の春ぐらいに最初に進退の話を部下にきちんと話したのはバッシーが最初だったと思う。そしてそのときがバッシーとサシで飲んだ多分最後の思い出だ。そのときのバッシーの一言が忘れられない。自分は、実によい部下というか、盟友と数年間にわたり働けたものだと感じたものだった。
 
最後にバッシーの姿を見たのは昨年の秋、ランチで久しぶりに社内を訪れたときの姿だったような気がする。バッシーは会社が上場して踊り場に差し掛かった会社のカルチャーを社長と一緒に考え抜いて嫌われ役をかってでてみたり、社長が心を許せるよき懐刀として最後まで役割を全うしたと思っている。
 
バッシーとまたいつか仕事の接点ができる日が来るのかなと思いきや、その思いは叶わなかった。それだけは心残りである。
 
先だったバッシーにいくつかのことを誓いたい。
 
バッシーとよく話したことで個人的に印象深いのは、何より仕事のことよりは家族や人生の話だった。「人生長期戦なんだ」ということをM社にコミットして最初に痛感したのはバッシーのような人間が活躍するシーンを見てからのことだ。それぐらいネット業界は成熟してきており、彼のような人間を生かせないとアイディアや技術だけでは10年以上通用する会社を作って行くことは難しい。
 
それまで年上恐怖症みたいなヒステリックな感情をもっていた私の心を解きほぐしてくれたバッシーに対し、今まで以上に「おやじ」「じじい」と向き合って仕事をしていくことを誓いたい。
 
来年は小学生になる息子がそばにいる。一方で四捨五入で75歳になる父親と離れて過ごす日はまだ続くが、きちんと家族とも向き合いたい。そんなことを感じた年末年始であった。(おわり)